ニキビ跡をセルフケアで治す方法を紹介します。

ニキビ跡が気になる

一旦出来てしまうと治すのが大変で一生悩まされかねない・・・そういう意味でニキビよりも厄介なのがニキビ跡です。

 

しかしニキビ跡は治りにくいものだと諦め気味にケアを怠っていては治るべきものも治りません。

 

ニキビ跡を作らないための予防ニキビケアがとても大切ですが、もしニキビ跡ができてしまっても自宅でできるセルフケアだけでもかなりキレイにすることも可能ですから諦めずに頑張りましょう!

 

ニキビ跡には大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれのタイプに合ったスキンケアでお肌のケアを行うことがニキビ跡を治す第一歩になります。

ニキビ跡の3つのタイプ

 

この後上記の3タイプのニキビ跡についてそれぞれ詳しく、特徴や治す方法についてご紹介します。しかしその前に、ニキビ跡ができる仕組みからからまず、説明します。

 

ニキビ跡を治す方法記事一覧

ニキビができるだけでも憂鬱なのに、跡まで残ってしまったらショックが大きいですよね。実はニキビ跡ができやすい人とできにくい人がいるってご存じですか?ニキビが出来てもキレイに治ってしまう人と、必ず跡が残ってニキビ跡に悩まされる人に分かれるんです。この違いの原因は何でしょうか?ニキビ跡ができる仕組みニキビ跡はニキビが炎症を起こした時に発生した毛細血管からの出血や、細胞が破壊された跡。肌内部のダメージが皮...

赤みが残るニキビ跡は、他のタイプに比べるとまだ軽度のニキビ跡です。ニキビの影響で炎症が起きた毛穴でうっ血が起こり、ニキビが治った後もそのまま残ってしまった状態です。治るまでに多少時間はかかっても、普通はターンオーバーを繰り返すうちに自然と薄くなり消えていくでしょう。ターンオーバーは20歳で28日周期と言われますが年齢の上昇とともに周期は長くなります。ターンオーバーの周期には個人差もありますが30代...

炎症性色素沈着によりシミのように跡が残ってしまうタイプのニキビ跡もあります。もともとの肌質や肌色によって異なりますが、茶色や紫色のシミが残る人が多いようです。シミが残るニキビ跡は特に日焼けに要注意!日焼けすると紫外線の影響でシミが濃くなり、さらに濃くなって治りにくくなってしまいます。紫外線対策はしっかりと行いましょう。ニキビ跡にファンデーションを塗るだけでもニキビ跡のシミ悪化防止になります。赤紫〜...

最も深刻な状態なのが、凹凸のクレーター状に陥没してしまうタイプのニキビ跡です。表皮だけでなく、真皮までニキビの炎症によって細胞が破壊され、ターンオーバーでも再生できずに大きくえぐれた様な跡になっています。クレーターニキビ跡は完全に治す(消す)ことが難しいため、適切なニキビケアを行い予防することがとても大切になります。クレーターのように皮膚が大きくえぐれてしまうのは、表皮だけでなく真皮にまでニキビに...