クレーターニキビ跡を治す方法

凸凹ニキビ跡

最も深刻な状態なのが、凹凸のクレーター状に陥没してしまうタイプのニキビ跡です。

 

表皮だけでなく、真皮までニキビの炎症によって細胞が破壊され、ターンオーバーでも再生できずに大きくえぐれた様な跡になっています。

 

クレーターニキビ跡は完全に治す(消す)ことが難しいため、適切なニキビケアを行い予防することがとても大切になります。

 

クレーターのように皮膚が大きくえぐれてしまうのは、表皮だけでなく真皮にまでニキビによる炎症が広がり、完全に皮膚組織が破壊されたことによる後遺症なんです。

 

こうなってしまうとターンオーバーだけで完治することはありません。。破壊された皮膚組織の完全な再生は不可能と言われています。レーザー治療を受けても完治は難しいそうです(泣)

 

しかし諦めるのはまだ早いですよ!!完全に治すことが無理でも、目立たない程度に症状を緩和することは十分可能性がありますからね。

 

美容皮膚科の専門医によって、ビタミンC誘導体を浸透させ肌の弾力を作り出しながらピーリングによって肌サイクルを促進させる方法が開発され、相当凹凸を改善する事も可能になってきています。

 

このビタミンC誘導体&ピーリング治療を始めても凹凸が目立たなくなるまでには、かなりの時間がかかるそうなので、悩んでいる人は少しでも早く治療を始めると良いでしょう。

 

凸凹したニキビ跡は”隠す”ことも考えて

「凸凹ニキビ跡がこのスキンケアで治った!」などの情報をたまにネット上で見かけますが、あれってホントのところどうなんでしょう?スキンケアでクレーターが治っちゃったら、皮膚科や美容外科はいらないと思うんだけど。

 

クレーターニキビ跡を完全に治すのは、スキンケアだけでは不可能だと思うんですよね。むしろスキンケアは凸凹を目立たなくするために活用すべし!というのが私の考え方です。

 

例えばアクレケアというスキンケアにはデコボコニキビ跡を目立たなくさせる効果が期待できます。美白成分と肌を薄いベールで覆う成分によって、肌の凹凸を目立たなくさせるんですよ。

 

皮膚科やクリニックで本格的なニキビ跡治療をお望みの場合でも、急いで目立つニキビ跡だけは隠しておきたい!という方にまさにピッタリのスキンケアになっています。

 

アクレケア

アクレケア

凸凹が気になるクレーター状のニキビ跡はスキンケアだけで完璧なケアは不可能、だけど目立たなくすることは十分にできますよ!アクレケアは美白成分アルブチンや肌表面を薄いベール状に保護する月下草という成分を配合して、凹みが目立たないなめらかな肌を実現してくれます。

>>公式サイトはこちら

部位別・お悩み別おすすめコンテンツ

部位別ニキビケア特集

まずは部位別のニキビの特徴や治し方について紹介します。自分が気になっている箇所から見てみてくださいね^^
おでこ あご 胸元 背中

額のニキビ

詳細へ

あごのニキビ

詳細へ

胸元のニキビ

詳細へ

背中のニキビ

詳細へ

ニキビ跡を治す方法

ニキビケアでとても大切なのが、ニキビ跡を残さないこと!ニキビが治ってもお肌が凸凹(汗)・・なんてことになったら大変!ニキビのきれいな治し方、紹介します。
跡が残る原因 赤ニキビ跡 シミニキビ跡 凸凹ニキビ跡

ニキビの後が残る原因

詳細へ

赤みニキビ跡

詳細へ

シミニキビ跡

詳細へ

凸凹ニキビ跡

詳細へ

クレーターニキビ跡の特徴と治し方関連ページ

ニキビ跡はどうしてできる?
ニキビ跡ができる原因について。
赤みが残るニキビ跡
赤みが残るニキビ跡はニキビ跡の中では一番軽傷と言える状態です。正しいスキンケアを使用してセルフケアを実践すればほとんどの場合、きれいに治すことができます。
シミが残るニキビ跡
シミが残ったニキビ跡はニキビ跡の中では中程度の症状です。肌質を改善してターンオーバーを高めつつ、浸透型ビタミンC誘導体の入ったスキンケアでケアすることがおすすめです。