ゴシゴシ擦ったり、洗い過ぎは厳禁!

皮脂がたくさん出るからといって洗顔のしすぎNGですよ!
またとにかく皮脂を取ろうと洗浄力の強すぎる洗顔料を使う人のも避けましょう。

 

これらは逆に肌にダメージを与えてしまう可能性が高いです。
肌は必要以上にうるおいが奪われるとバリア機能が低下して敏感な状態に。
皮脂は本来肌を守るバリアとして働くものですから、皮脂を取り過ぎると
肌は皮脂の分泌をもっと増やして、自分を守ろうとするのです。

 

大人ニキビを防ぐために必要なのは、適度に皮脂や汚れを取り除きつつ、
潤いを奪い過ぎないような洗顔方法です。

 

たっぷりの泡で優しくが基本

洗顔は顔全体を濡らし、適度な洗浄力の洗顔料を良く泡立て、
キメの細かな泡で包みこむように優しく洗うのが基本です。

 

手で泡だてて洗顔する人もいるかと思いますが、手だと泡立ちに限界があります。
できれば泡立てネットやスポンジを使ってたっぷりの泡を作るのがおすすめです。

 

泡は皮脂の多いTゾーンからのせましょう。
泡をくるくると肌の上でなじませて汚れを落としながら、徐々に皮脂の少ない
頬やアゴ周辺、そして最後に目元などのデリケートな部分に軽くなじませます。

 

皮脂や汚れは泡が包みこんで落としてくれるので肌を強くこする必要はないです。
間違っても力を入れてゴシゴシこすったりしないようにしてください!
強い刺激はニキビを悪化させる原因にもなりますよ。

 

すすぎに使用するのはぬるま湯!温度は32度前後が良いです。
熱すぎるお湯は必要な油分も洗い流してしまうため避けましょうね。
すすぎ残しのないように丁寧に洗い流しましょう。

 

こんな洗顔料には要注意

洗顔料はどれがいいか?と聞かれることもありますが、皮脂の分泌量や
肌の状態によって適した洗顔料は違うため一概には言えないですね。

 

ただし洗顔後も肌がしっとりするような洗顔料は避けたほうが無難かも。
しっとりする洗顔料は油分が含まれているから洗顔後に肌が
しっとりした感触になります。

 

油はアクネ菌を増やす原因になる可能性もあります。
油分が含まれないシンプルな洗顔料が良いでしょう。

部位別・お悩み別おすすめコンテンツ

部位別ニキビケア特集

まずは部位別のニキビの特徴や治し方について紹介します。自分が気になっている箇所から見てみてくださいね^^

おでこ あご 胸元 背中

額のニキビ

詳細へ

あごのニキビ

詳細へ

胸元のニキビ

詳細へ

背中のニキビ

詳細へ

ニキビ跡を治す方法

ニキビケアでとても大切なのが、ニキビ跡を残さないこと!ニキビが治ってもお肌が凸凹(汗)・・なんてことになったら大変!ニキビのきれいな治し方、紹介します。

跡が残る原因 赤ニキビ跡 シミニキビ跡 凸凹ニキビ跡

ニキビの後が残る原因

詳細へ

赤みニキビ跡

詳細へ

シミニキビ跡

詳細へ

凸凹ニキビ跡

詳細へ