油分を控えたスキンケアが基本です

ニキビの原因菌、アクネ菌は油分を栄養にして繁殖します。
皮脂だけでなく化粧品に含まれる油分もアクネ菌のエサになることも(゚Д゚;)
ですからニキビ肌の人はクリームやオイルなど、油分が多めの化粧品の使用は
控えるほうが好ましいですね。

 

とはいえニキビが怖いからといって化粧水しか使わないのも考え物です。
肌が乾燥すると角質が厚くなりよけいにニキビができやすい環境になってしまいます。
できる限り乾燥を防ぐためのケアも必要になりますよ。

 

基本は余分な皮脂を洗顔でしっかり落としてから、化粧水と油分の少ない
保湿美容液をつけることがおすすめ。

 

最近ではアクネ菌の栄養にならない油分を使用した「ノンコメドジェニック」という
化粧品も販売されているので、そういった商品を中心に選んでみるとよいですよ。

化粧水はビタミンC配合がおすすめ

ニキビのできやすい人はビタミンC配合の化粧水を使うことがおすすめです。

 

ビタミンCには強い抗酸化力があり、活性酸素を除去するのに役立ちます。
また皮脂の酸化を防ぐ効果も。ニキビを悪化させる原因となる、アクネ菌や
好中球による皮脂の酸化や活性酸素を防ぐことでニキビ治療をサポートしてくれます。

 

またビタミンCは若干皮脂を抑える効果もあるためニキビ予防にも期待が持てます。
さらにもともと美白成分としても有名なビタミンCですから、
ニキビ跡の赤みを薄くするのにも有効ですね。

毛穴の詰まりはピーリングで除去

古くなった角質が残ってしまうことで角質肥厚や毛穴が詰まる原因に。
そこで定期的に余分な角質を落としてあげるとニキビを防ぐ効果が期待できますよ。

 

ピーリング化粧品は角質同士の結合力を弱め、古い角質を剥がし落すスキンケア。
肌に優しいタイプを選んで、皮脂分泌の増える黄体期に使用するなど、
定期的に角質ケアを行うと良いでしょう。

部位別・お悩み別おすすめコンテンツ

部位別ニキビケア特集

まずは部位別のニキビの特徴や治し方について紹介します。自分が気になっている箇所から見てみてくださいね^^

おでこ あご 胸元 背中

額のニキビ

詳細へ

あごのニキビ

詳細へ

胸元のニキビ

詳細へ

背中のニキビ

詳細へ

ニキビ跡を治す方法

ニキビケアでとても大切なのが、ニキビ跡を残さないこと!ニキビが治ってもお肌が凸凹(汗)・・なんてことになったら大変!ニキビのきれいな治し方、紹介します。

跡が残る原因 赤ニキビ跡 シミニキビ跡 凸凹ニキビ跡

ニキビの後が残る原因

詳細へ

赤みニキビ跡

詳細へ

シミニキビ跡

詳細へ

凸凹ニキビ跡

詳細へ