角質肥厚による毛穴閉塞

皮脂の過剰な分泌』でみたように皮脂はニキビの発生原因になります。
しかし通常なら分泌された皮脂は毛穴から排出されるため、毛穴の中に溜まったりしません。また皮脂の分泌が少ない人でもニキビになる人もいるのはどうしてでしょう?

 

実は皮脂の分泌量だけでなく、もうひとつ別の原因が重なった時にニキビができてしまいます。それは角質細胞が厚くなり毛穴をふさいでしまう【角質肥厚】と、角質肥厚が引き起こす毛穴トラブルです。

角質肥厚の原因

私たちの皮膚は一番外側の表皮、その下にある真皮、さらにその下の皮下組織の三重構造でできています。
皮膚の構造図

 

さらに表皮はいくつかの層に分かれており、その中でも最も体の外側の部分が角層と呼ばれる層になります。顔では角層の厚みはわずか0.02mmしかないそうです。

 

角層を構成する角質細胞は、一定の周期で垢となり剥がれおちて、下から持ち上げられた新しい角質細胞と交換するようにできています。これが肌の生まれ変わり、ターンオーバーです。

 

しかし何かの要因でターンオーバーが乱れるとどうなるでしょうか?

 

角質の新旧交代がうまく進まず古い角質が剥がれ落ちないまま新しい角質細胞がどんどん下から持ちあがってくると角層はどんどん厚くなってしまいます。これが角質肥厚ですよ。

 

こうして厚くなった角質は毛穴を塞ぎやすく、コメドができてしまいます。コメドには皮脂が溜まり、外気が入り込みにくい環境が作られます。

 

アクネ菌は嫌気性の性質があり、空気を嫌う細菌です。空気が薄く、餌となる皮脂も豊富なコメドの内部はアクネ菌にとって、まさに楽園といえる環境なんですね。(~_~;)

 

 

CHECK詰まった毛穴はアクネ菌にとって最高の住み心地・・・

部位別・お悩み別おすすめコンテンツ

部位別ニキビケア特集

まずは部位別のニキビの特徴や治し方について紹介します。自分が気になっている箇所から見てみてくださいね^^
おでこ あご 胸元 背中

額のニキビ

詳細へ

あごのニキビ

詳細へ

胸元のニキビ

詳細へ

背中のニキビ

詳細へ

ニキビ跡を治す方法

ニキビケアでとても大切なのが、ニキビ跡を残さないこと!ニキビが治ってもお肌が凸凹(汗)・・なんてことになったら大変!ニキビのきれいな治し方、紹介します。
跡が残る原因 赤ニキビ跡 シミニキビ跡 凸凹ニキビ跡

ニキビの後が残る原因

詳細へ

赤みニキビ跡

詳細へ

シミニキビ跡

詳細へ

凸凹ニキビ跡

詳細へ

毛穴の閉塞関連ページ

皮脂の過剰分泌
何らかの原因でホルモンバランスが乱れ女性でも男性ホルモンが増えたり、排卵日〜生理の直前(黄体期)になると黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増加します。これによってニキビができる場合が多いので、
アクネ菌の増殖
毛穴が塞がると内部に皮脂が貯まり、その皮脂を栄養としてアクネ菌が繁殖し、それをやっつけるために白血球の一種も毛穴に集まり、炎症の原因となる物質を作り出してしまうことも。