ニキビ肌はとっても敏感!刺激は極力控えましょう

大人ニキビができる状態の肌はとても敏感な状態(~_~;)

 

ホルモンバランスが乱れて炎症が起きやすい上に、肌のバリア機能も低下していることが多いので、外部からの刺激に弱ちょっとしたことが肌トラブル、ニキビの原因になりかねません。

 

大人ニキビを治すためにはニキビの原因になっている刺激を見つけ出して、一つ一つ生活の中から取り除いていく必要があります。

 

肌に刺激を与える原因

肌への刺激となる原因はいろいろですが、主に次のようなものが考えられます。

化粧品による刺激

化粧品

女性にとって悩ましいのが化粧品による肌への刺激です。肌が敏感な時期には化粧そのものを控えたいところですが、そうもいかない人も多いと思います。

 

どうしても化粧をする必要がある場合は、自分に合った肌にやさしい低刺激性の化粧品を選ぶようにしてください。

 

最近では『無添加化粧品』として肌にやさしいかように謳った商品も多いですが、無添加の基準があいまいで、実際には添加物や保存料が入っている(添加されている)化粧品もありますから注意しましょう。

 

また低刺激化粧品でもあなたの肌に合うとは限りません。

 

実際に使ってみて自分の肌の変化を確かめることが必要です。そのためにも化粧品は購入前に試供品で試しておくことが賢明です。

髪の毛やすすぎ残したシャンプー等による刺激

髪の毛

毛先が額や頬を刺激することが原因となってニキビができてしまうケースもあります。

 

髪に付着したワックスや皮脂・汗、シャンプーやトリートメントのすすぎ残し成分なども刺激となり、ニキビの悪化に拍車をかけてしまいます。

 

ニキビができやすい人は額に前髪がかからないようなスタイルで、毛先を外側に流すようにセットするのがおすすめです。

頬杖などによる圧迫刺激

ほおづえ

ニキビを誘発する刺激の一つに圧迫刺激があります。

 

頬杖のように頻繁に同じ個所を圧迫するとそこにニキビができやすくなるんです。

 

同じ個所に繰り返しニキビができる人は、クセで無意識のうちに肌を刺激している可能性があるので意識してクセを治してみましょう。

衣料品や布団などの摩擦刺激

布団

衣服や布団などと肌がこすれ、その刺激でニキビができることも。

 

布団を顔までかぶって寝るクセのある人は布団とこすれる肌への刺激がニキビの原因かもしれません。布団が顔にかからないように注意しましょう。

 

同じように洋服で、首やアゴ周辺の皮膚が刺激されてニキビができることもありますので、首周りのニキビが多い人は一度服の素材や形状を考えてみたほうがいいでしょう。

 

 

CHECKニキビを治すに意識して肌への刺激を無くしましょう。

部位別・お悩み別おすすめコンテンツ

部位別ニキビケア特集

まずは部位別のニキビの特徴や治し方について紹介します。自分が気になっている箇所から見てみてくださいね^^
おでこ あご 胸元 背中

額のニキビ

詳細へ

あごのニキビ

詳細へ

胸元のニキビ

詳細へ

背中のニキビ

詳細へ

ニキビ跡を治す方法

ニキビケアでとても大切なのが、ニキビ跡を残さないこと!ニキビが治ってもお肌が凸凹(汗)・・なんてことになったら大変!ニキビのきれいな治し方、紹介します。
跡が残る原因 赤ニキビ跡 シミニキビ跡 凸凹ニキビ跡

ニキビの後が残る原因

詳細へ

赤みニキビ跡

詳細へ

シミニキビ跡

詳細へ

凸凹ニキビ跡

詳細へ