アクネ菌

ニキビの原因菌として有名なアクネ菌は正式にはアクネ桿菌といい、ブドウ球菌と同じように皮膚に多数存在する皮膚常在菌の1種です。ニキビが出来やすい人にだけ存在するわけではないんです。
アクネ桿菌は嫌気性といって酸素を嫌う性質があります。そのため酸素に触れにくい毛穴(毛包)の内部などを好むんですが、一番快適な環境が整うと爆発的に増殖して悪さをはじめます。

詰まった毛穴はアクネ菌にとって高級リゾート並みに居心地が良い

アクネ桿菌にとって一番快適な環境が実は詰まった毛穴の中なんです。毛穴の出口(毛漏斗部)が角質でふさがると、毛穴内部は酸素がなくなりアクネ菌にはとても居心地の良い空間に。さらに皮脂腺から分泌された皮脂も毛穴に溜まってしまいます。
アクネ菌は皮脂が大好物!つまり居心地の良い住まいにおいしい食事まで食べ放題の高級リゾート状態なんです(汗;)

 

過剰に増殖したアクネ桿菌は細菌性リパーゼ(脂肪分解酵素)を分泌し、皮脂を遊離脂肪酸に変化させてしまいます。遊離脂肪酸は毛穴内部の壁を刺激し角質肥厚(角質が厚くなってしまうこと)やコメドを引き起こしやすくしてしまいます。

アクネ菌 - ニキビ関連用語集関連ページ

医薬部外品
医薬部外品とは?
SPF
SPFとは?
オイルフリー化粧品
オイルフリー化粧品とは?
黄体期
黄体期とは?
黄体ホルモン(プロゲステロン)
黄体ホルモン(プロゲステロン)とは?