医薬部外品

「医薬部外品」は薬事法で規定された人体に使用する製品名称の一つで、他にも「医薬品」や「化粧品」などの規定があります。薬事法ではそれぞれの名称について定義されていますのでその違いも合わせて説明しますね。

医薬部外品

医薬部外品は医薬品と化粧品の中間に位置付けられる。有効成分の量が少なく人体への作用が緩やかなもので、吐き気や不快感、あせもやただれ、脱毛などの予防や防止を目的としたものが対象になります。薬用効果を謳う薬用化粧品は、薬事法上は化粧品ではなく医薬部外品になります。

 

なお、現在のところ医薬部外品には全成分表示が義務ではなく、表示指定成分のみ表示が義務付けられています。配合成分を細かく知りたい方には全成分表示が義務付けられている化粧品のほうが安心かもしれません。

医薬品

病気の診断や治療、または予防を目的にしたもので、名称や成分や分量、容量、効果効能、副作用などにつき信頼性・安全性の調査を行い厚生労働大臣が承認したもの。医師の処方が必要な医療用医薬品と薬局やドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品とに区別されます。

 

厚生労働大臣の承認のないものは「効能」「効果」を謳うことができず、未承認で効能効果を明示した製品は処罰の対象になります。(保険機能食品は範囲を限定し効能、効果の表示が認められています)

化粧品

化粧品は医薬部外品よりもさらに人体への作用が緩やかです。薬事法では『人の体を清潔、美化、魅力を増したり、容貌を変え皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために身体に使うもの』と規定されています。

 

化粧品は2001年4月より全成分表示が義務付けられています。表示ルールも定められていて、配合量が多い成分順に表示されています。ただし、配合量が1%以下の成分については順不同の表示が認められています。

医薬部外品 - ニキビ関連用語集関連ページ

アクネ菌
アクネ菌とは?
SPF
SPFとは?
オイルフリー化粧品
オイルフリー化粧品とは?
黄体期
黄体期とは?
黄体ホルモン(プロゲステロン)
黄体ホルモン(プロゲステロン)とは?