活性酸素

活性酸素とは脂質の酸化を引き起こし、細胞を傷つける酸素のこと。私たちは生まれた瞬間から、肌の老化が始りますがその原因となるのが活性酸素です。
鉄がさびたり皮をむいたリンゴがすぐに変色するのは酸化が原因ですが、私たちの体も同じように酸化によって傷つけられてしまいます。この肌をさびつかせる最大の要因が活性酸素なんです。

 

活性酸素はたんに呼吸をしているだけでも発生しているのですが、ストレスやたばこ、食品添加物、脂っこい食事などでも活性酸素を増やす原因に。

 

毛穴内部でアクネ桿菌が繁殖するとそれを退治しようと白血球の一種(好中球)が集まってきます。好中球はアクネ桿菌をやっつけながら、活性酸素を生み出してしまいます。この活性酸素によって毛穴内部の壁が傷つけられ、炎症を起こしやすくなるといわれています。

活性酸素 - ニキビ関連用語集関連ページ

角化異常
角化異常とは?
角質肥厚
角質肥厚とは?
過酸化脂質
過酸化脂質とは?
丘疹
丘疹とは?
抗酸化成分
抗酸化成分とは?
好中球
好中球とは?