ら行 - ニキビ関連用語集記事一覧

卵胞期とは月経周期の中で卵胞ホルモンが黄体ホルモンよりも優位になる月経〜排卵期までの時期にあたります。卵胞ホルモンは肌をうるおしコラーゲンを増やすなどの働きがあるため、卵胞期は肌の調子が上向くのが普通です。排卵日後の黄体期にできたニキビが生理がはじまり卵胞期に入ると自然と治るサイクルを繰り返す人が多いのはそのためです。

生理後に分泌が増える女性ホルモンで肌を美しくする作用があります。そのためエストロゲンが増える卵胞期は美白やアンチエイジングなど、普段のスキンケアより積極的なケアを施すのにも向いています。自律神経が乱れたりストレスの影響などでホルモンバランスが崩れると、卵胞期にも関わらず肌荒れが一向に収まらないなどの症状があらわれる場合も。。ホルモンが身体に与える影響はとても大きいので、卵胞ホルモンが正常に分泌され...